BLOG ブログ

【20代後半・男性・独身・出会いがない】カウンセラーへの状況報告の大切さについて

2021.04.26

状況報告

先日の面談の振り返りをしたいと思います。

 

20代後半のコミュニケーション力も普通、ただ結婚に対するイメージがないまま入会した男性。

 

ごくごく一般的な普通の男性会員様です。

 

入会のきっかけは、勤める会社の社長に半ば強引に「出会いがないならいってこい!」と言われたみたいです。

 

些細な出来事かもしれませんが、他人の意見に素直に耳を貸すという事は、立派だと思います。

ずっと独身のまま生活してきた男性が、自力で結婚相手を見つけることはかなり難しいと思います。

一般的な恋愛でもそうですが、結婚相談所でも歳をとればとるほど難しくなります。

 

ベリンダのサバイバル婚活では、活動開始前、開始直後、そして仮交際時は頻繁に面談を行います。

 

初回面談で、男性会員様はまず、活動スタートと同時に夜勤の仕事になってしまったこと。

と同時に、国家試験で学校に通われ、テスト勉強をしなければならないこと。

 

はっきりいってハードです。

 

忙しい

 

 

いつお見合いできますか?仮交際になったらいつデートしていきますか?って話になりますよね。

結婚相談所の婚活者は、ダラダラと、ながら婚活をしてしまいがちなのですが、

男性会員様は、「なんとか全部やろうと思います!勢いっす!」と。

 

 

20代後半の若さとパワーなのですかね、面談時とても自信に満ち溢れ、爽やかな顔をしていました。

意外かもしれませんが、あまり深く考えず、まずやってみようという、この姿勢は大切なんですね。

努力惜しまず、素直に頑張る姿勢です。

頑張る

 

 

会員様が努力を惜しまず本気になっているならば、我々も全力で応えていく。

結婚相談所での婚活を進めていくにあたって、カウンセラーが会員様の立場にたって

最善で、尚且つ効率的、ベストの選択をしていかなければなりません。

 

頑張れ

 

 

面談にて会員様の性格、結婚観や価値観、会員様に時間的余裕がない事、

お見合い申受けからお相手プロフィールを精査し、いかに短期で成婚できるか。

精査の精度も重要になってきます。

見当違いな分析をして、会員様に間違った道を示していないか。

一つ間違えると1カ月~3カ月ちかく時間をロスしかねません。

 

今回はカウンセラーの分析どおり、お見合いから1カ月で真剣交際にいき、

今から将来の擦り合わせをしてもらい、5月にプロポーズを目標で動いてもらっています。

 

システム

 

常にシステムでの状況報告。

随時状況を把握することで、的確にアドバイス出来ると思います。

ありがちなのが、結果報告です。

起こってしまった事象を捻じ曲げるのは、神様でないと出来ないと思います。

 

「随時状況報告」

 

サバイバル婚活をやっていくうえで、とても大切なルーティンです。

 

面倒くさいことを、面倒くさいまま終わらしてしまうと、一生独身が向いていると思います。

本気で頑張っていきましょう。

 

全てを見る

婚活サバイバル BELINDA 問合せ

サバイバル婚活とは

選ばれる理由

サバ婚プラン

結婚までの流れ

婚活サポート

よくある質問

アクセス

Facebook

IBJ AWARD

日本結婚相談所連盟

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

Instagram

Twitter

PAGE TOP

LINE@